離陸していく飛行機

更新情報

格安航空券の種類について

JALやANAなどの大手航空会社の航空券より安い価格で購入できる、それが格安航空券の魅力です。
実際に格安チケットを利用して旅行した人も多いことでしょう。
この格安チケットは2つの種類がありますので、利用する前に確認しておくことが大切です。

フィックスチケット

2種類のチケット
格安航空会社では様々な種類のチケットを提供しており、そのチケットを利用すれば安い料金で旅行ができます。
航空会社によって提供するチケット種類が異なりますので、購入する前にその内容をしっかり把握することが大切です。
さてこのように格安航空券はとても便利ですが、航空券そのものは2つの種類に分類できます。
そしてその1つがフィックス「FIX」チケットで、もともとはこのチケットが一般的でした。
格安航空券はツアー用としてスタートしましたが、安いだけあって色々と制限もありました。
例えば旅行する期間が設定されていましたので、チケットを予約する際に、出発便と帰国便の両方を決める必要があります。
また、チケットの変更やキャンセルも不可で、通常の航空券にあるような払い戻しも一切ありません。
このようにチケットを予約する時にすべての事項を決める必要があり、変更やキャンセルができないことから、FIX「固定」という名称で呼ばれるようになったのです。
フィックスチケットは色々と制約はありますが、旅行寸前での購入も可能ですので、日程変更などない確実な旅行であればそんなに不便を感じることもないと思います。
勿論、中には格安航空であっても予約変更に対応している航空会社も存在し、ジェットスター予約で獲得した航空券ならばオプションの適用をすることで無料で予約日の変更が行えます。

オープンチケット

フィックスチケットの他にもう1つ種類があり、それがオープン「OPEN」チケットになります。
オープンチケットはFIXチケットとは異なり、帰国する便の変更ができるのが大きな特徴だと言えます。
帰国日については、出発後の1カ月以内という規定は存在しますが、利用者にとってそう大きな問題になるとことはないでしょう。
オープンチットは、予約変更できないフィックス航空券と比べたらより利便性が増しますが、デメリットもあります。
それが手数料であり、予約変更する度に規定の手数料がかかるチケットが多いので、利用する際は注意する必要があります。
手数料が高くなると、格安航空チケットを購入する意味がなくなるからです。
そのためオープンチットについては、旅行日程の変更がない時に購入する方がいいでしょう。

自分に合った航空券を利用しましょう

格安チケットを利用すれば、通常価格よりも安い価格で飛行機を利用できます。
また、この格安航空チケットは、FIXチケットとOPENチケットの2種類に分類できます。
利用する際は、自分に合った航空券を利用してください。